建物共済

建物共済

共済の種類は

「火災共済」と「総合共済」の2種類があります。

加入できるのは

組合の区域内に住所があり、農業を営む方が所有する建物及びその建物に収容されている家具類・農機具などです。引受の単位は1棟ごとです。

共済責任期間は

共済掛金を払い込んだ日(又は申し出により共済証券に記載の日)の午後4時から1年間です。

共済金を支払う事故は

■火災共済…
火災、落雷、破裂、爆発、建物外部からの物体の衝突(風水害等自然災害に起因するものは除く。)給排水設備に生じた破裂など偶然性のある事故による水ぬれ損、盗難によって生じたき損・汚損及び騒乱に伴う破壊行為による損害です。(これらの事故を総称して「火災等の事故」といいます。)

■総合共済…
上記の火災共済に掲げる「火災等の事故」に加えて、風水害などの自然災害、地震等による損害です。

共済金額は

家具類等も含めて建物1棟当たり火災共済は6,000万円、総合共済は2,000万円まで加入することができます。
6,500万円が限度となります。

共済掛金は

共済の種類や建物の構造・用途及び臨時費用担保特約の有無などによって異なります。

各種特約があります

●新価特約
●臨時費用担保特約
●自動継続特約
●収容農産物補償特約 など

共済金の支払いは

損害共済金のお支払い

共済金は、共済価額と共済金額の加入割合に応じて支払います。
●共済金額を限度に損害共済金が支払われます。

火災共済、総合共済[火災等の事故の場合]
総合共済[自然災害による事故(地震等を除く)の場合]
総合共済[地震等による事故の場合]

※損害額は、建物に係る損害(建物の損害割合が5%以上となった場合に限ります)の額と家具類及び農機具に係る損害(家具類及び農機具の損害割合が70%以上となった場合又は家具類及び農機具を収容する建物の損害割合が70%以上となった場合に限ります)の額の合計額です。

費用共済金のお支払い

共済金のお支払いの際には、事故の状況により下記の各種費用共済金が加算されて支払われます。

●残存物取片付け費用共済金
●地震火災費用共済金(火災共済のみ)
●特別費用共済金
●損害防止費用共済金
●失火見舞費用共済金

臨時費用担保特約付にご加入の場合

●損害にともない生じた臨時の費用として損害共済金の20%をお支払いします。(1棟250万円限度)
●死亡・後遺傷害共済金として一名ごとに共済金額の30%(1事故一名200万円を限度)をお支払いします。(自然災害に起因するものは除きます)

※建物及び家具類等の価値を超えた契約の場合には、共済金額を減額してお支払いすることになります。
他の保険(共済)にも加入している場合、他の保険(共済)と按分して損害共済金及び費用共済金を お支払いすることがあります。

事故がなかったら
共済金の支払いがないときは無事戻金を支払います。ただし、総代会の議決や収支状況によっては、無事戻しできない場合があります。

ページの先頭へ戻る