家畜共済

家畜共済

加入できるのは

加入資格のあるものは、全頭加入しなければなりません。
ただし、子牛等の加入は農家の選択です。

出生後第4月の月の末日を経過した牛(成牛)、及び子牛等(成牛以外の牛及び牛の胎児をいい、その母牛に対する授精又は受精卵移植後240日以上に達したもの)。
出生した年の末日を経過した馬。
種豚 出生後第5月の月の末日を経過した種豚。
肉豚 出生後第20日の日(その日に離乳していないときは、離乳した日)から出生後第8月の月の末日までの一般肉豚。特定包括共済*では出荷するまで。

※乳用種・肉用種種雄牛と種雄馬は、
種畜証明を受けたときから、1頭ごとに加入するようになります。(個別共済)
※特定包括共済は、
肉豚を農家単位に年間一括で引受ける方式です。

共済責任期間は

共済掛金を払い込んだ日の翌日から1年間です。
(一般肉豚は出生後第8月の末日まで)

共済金額は

飼育している家畜の共済価額*の8割を限度として、加入農家が選択した補償割合(付保割合)によって算出します。
※共済価額は、
家畜の種類ごとに、農家が飼っている家畜の評価額を合計したものです。

共済掛金は

で算出します。
危険段階別共済掛金率を導入している畜種では、過去3年間の被害率によって、農家ごとに共済掛金率が異なります。

※国の負担分
掛金は、国が一部分を負担しています。牛馬は5割、豚は4割を負担しています。ただし、上限があります。

共済金の支払いは

■病気やケガをしたときは
初診料を除き無料で診療が受けられます。共済金額に応じて無料で診療を受けられる限度額が定められていますので、その範囲内で獣医師の診療を受けることができます。
初診料とその限度額を超えた診療費については農家の負担となります。

■死亡又は廃用になったら
以下の算式により支払限度まで共済金を支払います。(家畜伝染病予防法による手当金等により、家畜伝染病予防法の規定による評価額について満額補償される場合は、共済事故の対象とはなりません。)

※1ただし、残存物価額が基準額を下回った場合は、基準額を用います。

基準額=枝肉重量×基準単価(※2)-処理経費
※2食肉市場における前年の枝肉取引価額の平均により算定

死廃事故の共済金支払限度とは


農家間の不公平感の是正などを目的に、ある一定の率を設け、その率を上回った農家に対して死廃共済金に限度額を設定するものです。
死廃共済金は、この限度額の範囲内で、上記計算式によって算出されますが(火災、自然災害、伝染病による死廃事故には適用されません)、当該農家の過去の被害率が、国の定める適用除外基準率を超えない場合には適用が除外されます。
※死廃共済金支払限度率は、地域別、家畜の種類別に過去3ヵ年の被害率を基礎に農林水産大臣が定め、3年ごとに改定されます。

ページの先頭へ戻る