NOSAIの大きな特徴

NOSAIとは

NOSAIの大きな特徴

国の災害対策の一環

NOSAIの特徴の第一は、農家の相互扶助を基にしながら、国も一緒になってする災害対策であり、国が災害対策の一環として制度化したものだという点です。
そのため、農作物共済、家畜共済を必ず実施しなければなりません。
農業の特殊性と農業災害の特殊性から、加入を強制しているもの、義務づけているもの、あるいは任意にしているものがあります。

※農業と農業災害の特殊性
農業は他の産業に比べると、土地の制約を受けることが大きい上に、環境・立地や気象の変動などの自然条件から大きな影響を受けます。農業災害は予測しないときに、極めて広範囲に発生することから、NOSAI制度が作られました。

掛金・事務費に国も負担

NOSAIの特徴の第二は、
※農業と災害の特殊性からきていますが、掛金・事務費に対して国が大幅な負担をしていることです。
(農家が負担する掛金のおおむね半分を国が負担しています。建物共済、農機具共済には国庫負担がありません。)

共済掛金の所得控除・共済金の非課税

NOSAIの特徴の第三として、農家の助け合いを基本としたNOSAI制度は、その性格から、共済掛金、共済金に税法上、下図のような取り扱いがあります。

共済掛金の所得控除・共済金の非課税

NOSAIとJA共済との違いは

  NOSAI(農業共済) JA共済
法   律 農業災害補償法 農業協同組合法
事業の種類 農作物共済、家畜共済、果樹共済、畑作物共済、園芸施設共済、建物共済(短期)、農機具共済 生命共済、自動車共済 建物共済(長期)
加 入 方 法 農作物共済は当然加入
その他は義務加入、任意加入
任意加入
国庫(掛金) 一部あり(40%〜55%) なし
取  引  先 農業共済組合(NOSAI) 農業協同組合

ページの先頭へ戻る